会社概要

会社紹介

広州盛栄汽車配件有限公司は2006年12月に日本の三栄ゴム工業株式会社の100%の子会社として、広州花都汽車上に設立しました。2007年8月より量産を開始し、金型成形ゴム部品、スポンジ、不織布、テープなど軟質材のハーフカット加工品を主な商品とし、自動車部品メーカーに納入しています。
2009年にはISO/TS16949を取得しました。

三栄ゴム工業では製造原価を下げるため、2004年1月より三栄ゴムタイランドを稼動しています。広州盛栄汽車配件有限公司は中国国内部品メーカーに部品供給することを目的とし、ご来社いただいたお客様が“一目惚れ”されるような工場を目指しております。

会社方針

グローバルな視野から顧客のニーズと期待を見極め、顧客の信頼を得るために従業員一人一人が品質目標に基づき
継続的品質改善活動を行い、機動力を発揮して、品質とコストのバランスの取れた部品を、スピーディーに安定供給する事を目指す。

会社の特長

① グループ内での役割
三栄ゴム工業は日本・中国・タイに生産工場があります。広州工場は発展する中国自動車部品メーカー向け部品を製造するために作った会社です。一方、タイ工場はタイ国内の部品メーカーを顧客とするとともに、日本の親会社の製造拠点とし、多くの製品を日本に輸出しています。

② 共通ルール・共通品質
当社では広州・日本・タイの工場で同じ製法で類似部品を製造しております。 3拠点同じ管理ルールを使い、同一品質の製品を製造しています。

会社の歩み

  • 2006年12月

    広州盛栄自動車部品有限公司へようこそ設立

  • 2007年4月

    会社操業開始

  • 2009年11月

    会社取得ISO/TS16949認証

  • 設立  2006年12月
    資本金 37.5万ドル 社長  石橋 毅
    株主  日本三栄100%投資
    従業員数  45人
  • 主な商品 
    成形ゴム製品
    軟質材打抜き加工品
    自動車用ドアハンドルの組立
    製品のほとんどが自動車部品です
  • 主要設備
    14インチ精練ロール    1台(中国製)
    ゴム生地裁断機     1台(中国製)
    成形プレス200トン    6台(中国製)
    ハーフカット打抜き機  1台(中国製)
    レオメーター      1台(中国製)
    引張試験機 1台(台湾製)
    比重計         1台(中国製)
    原料低 温保管庫